濱崎道子 書の世界








Copyright © 2004-2006 Six Apart. All Rights Reserved.


« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »

2005年02月28日

さざなみ

sazanamis.jpg

        風は冷たく強いのに

        日差しは明るい春のいろ

        日がな一日を海辺に佇ちて

        飽かずに眺む
        
        さざなみ揺ぐ

2005年02月25日

心がさむい

suisens.jpg<        このところ命について考えていたら、少々疲れました。

もう、助けられないと思われた患者さんは、 だーれもいない個室で、うつろに眠ることしか 選択肢はないのでしょうか。       眠っていらしゃるるO先生に、恐るおそる声をかけてみたら 眼を醒まされて、持参したAush展のアルバムに 眼を通されました。 作品の一つひとつを丁寧に見て頂きました。       しばらくすると、お疲れが出たのか何時の間にか 元の静かな眠りに入っていらっしゃいいました。

2005年02月24日

働ける限りでの命

hyuhyus.jpg
  
   Aush展をご覧頂いた方からの感想です。

      写真も解説も一切ないのに、
      あそこで無念の死を遂げた人たちの思い、
      それを感じられた先生の思いと私自身の思いが
      重なった瞬間でしょうか、
      
      急に涙があふれてきました。

2005年02月23日

春一番にのって

kons.jpg
     
       急に会いたくなりました。
        
              形見となった花ざくろ
         カサコソ蠢きはじめます。

        春一番の吹き荒れる
          竹林をぬけてまいります。

2005年02月22日

春いろ

gaberas.jpg

            抜けるよな 冬空高き早朝に

                       想いは春いろ
           
                     ガーベラ届く

2005年02月21日

Aush展

kaizyou2s.jpg

    Aush展―アウシュビッツにて―
       

     盛況のうちに会期を終えることができました。
     大勢の方々にご覧頂きまして、
     ありがとうございました。
       
     次回の鳩居堂での書展は、
     平成20年9月23日~28日の予定です。

2005年02月19日

モニュメント

monyumens.jpg
                             
                          筆 いのち

2005年02月18日

Aush展―アウシュビッツにて―

oohasi.jpg

                            Aush展会場
   会期  2月20日(日)PM5:00終

   会場  銀座・鳩居堂3階画廊

2005年02月17日

よみがえる

inotis.jpg
        
                              命

―Aushの風―展

senro.jpg
                      会場案内

2005年02月16日

ひかりの 底に

hikari s.jpg

    雪解けの風吹きやまぬブジェジェンカの
    村にこだます無念の叫び

2005年02月14日

アンネのことば

tutis.jpg

     わたしの望みは 死んでからも生きつづけること

―Aush展―

postas,jpg.jpg

いよいよAush展オープンです。

アウシュビッツ開放60周年の追悼式典が先日行われました。
式典開始は、60年前に欧州各地から集められた収容者を運んで到着した汽車の警笛だったそうです。

いのち

asiatos.jpg

今日、展覧会の飾り付けをしました。

アイシュビツを訪ねた時の想いの作品を群ですので、渋柿を塗った額縁の表具でシックで落ち着きのある作品に仕上げました。飾りを極力省き、シンプルな展示にしてみました。

ぜひ、ご覧下さいませ。

2005年02月12日

2005年02月11日

クラクフ

basyas.jpg
 
  中世の建物や町並みががそのまま残る
  クラクフの街には、
  二頭立ての馬車がヒズメを鳴らながら
  のんびりと広場を走っていました。

  もちろん、観光用ですが……。

2005年02月10日

白い花束

hanas.jpg

  引っ込み線のレールに供えられた白い花束。
  さまざまな思いを胸に、訪れる人は絶えない。

2005年02月09日

Aushの風

relus.jpg

 長時間、貨物車に詰め込まれて行き着いたのが
 ここ、アウシュビッツ強制収容所でした。

 鉄道の引込み線でおろされた人たちの中には、
 将来の生活に備えて、コップや金おろしの類まで
 限られた荷物に入れてきていました。

2005年02月08日

黒いブロック

hirobas.jpg
  
   
   死の壁といわれ、
   正面の黒いブロックの前で
   多くの命が奪われました。

負の遺産

hais.jpg

 アウシュビッツ強制収容所は現在、博物館として世界遺産に登録されています。
 
 同じ過ちを繰り返さないための「負の遺産」として、犠牲になった人たちの灰が展示されていました。

2005年02月07日

ワルシャワ~クラクフ

yukigesiki3s.jpg
 
 昨年ワルシャワ・クラクフを訪れたのは、街角に積まれし雪のまだ残る3月のころでした。
 ワルシャワからクラクフまでの移動は、特急電車で約一時間ほど。
 車窓からの眺めは、雪国新庄を思わせるものがありました。次々の展開する景色をデジカメに撮って楽 しみました。

2005年02月06日

働けば自由になれる

sushukodomo.jpg
 
   アウシュビッツ収容所の入り口にあるスローガン
  "ARBEIT MACHT FREI"
  まさに「働ける限りだけの命」でした。
  
  学生の見学者も多く、平和学習をしていました。

2005年02月05日

シャンゼリゼ

syanzerize2s.jpg
 
 ポーランド クラクフ近郊のベリチカ岩塩鉱は世界遺産の一つです。
 坑内は観光地になっていて、教会・郵便局もありました。
 
 塩のシャンゼリゼ、見事でしょ。

風のみち

kazemiti4.jpg


  風をあつめて
  
  風をあつめて

  風をあつめて…

2005年02月03日

こころ

kokoros.jpg
 
 久しぶりに行きつけの雑貨屋に行きました。
 女主人のHさんは肝硬変のため体が不自由になっていました。
 ガレージを改造した6畳あまりの店なのに、彼女の傍に居るだけでホッとするという人が多く、今日も入 れ替わり立ち代りの客で賑わっていました。いつもと変わらず気さくな明るさで対応している姿に、とも すれば病後のことなど忘れてしまいそうでした。

 少々疲れ気味のだった私は、Hさんのほっくりとした心に接し、いつしらに日脚の伸びた夕茜の空に包 まれているたような気分になっていました。

2005年02月02日

共に生きる

tasukes.jpg

  Aush展が近ずいてきました。
  ようやく表具やさんに作品を送りました。
  まずはホットしています。

  今回は作品数を極力しぼり、
  展示も工夫したいと考えています。
  お楽しみに。

つくばの陽

yuhis.jpg

筑波大付属病院10階から眺めは180度の地平線のパノラマ。

そこの待合室の椅子で一夜を過ごすことになりました。
しばしの仮眠は眩いばかりの朝日に破られました。
なんと大きく荘厳なご来光でしょう。

看病疲れの身には眩しすぎましたが、回復を願って撮った一枚です。





3行伝言板