濱崎道子 書の世界



2008・Action 

1月:座禅断食会@総持寺
4月:1日・奈良薬師寺「花会式」で演舞太極拳出演参加
   4/26-5/24 「玉堂・比庵」展 青梅・玉堂美術館
6月:ふれあいコンサート・山形 文翔館
9月:濱崎道子書展・銀座鳩居堂 

HP内の画像の無断使用はお断りします
Copyright © 2004-2006 Six Apart. All Rights Reserved.


« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月20日

いつも笑顔でありがとう


IMG_3581kannonnsama.jpg

        ―あせらず
              おこらず
                   おこたらず―

友人から送られた三輪真純著『いつも笑顔でありがとう』のサブタイトルに「あせらず こらず おこたらず」の誓願がありました。この言葉は以前何かで見て書にしたこともありますが、出典は九十二歳の三輪真純導師でした。導師は全国各地で2600回にも及ぶ講演行脚をされた布教師のお人でした。 

2007年12月15日

めぐりあい

  CIMG1592kans.jpg
                          めぐりあい 14.12.07

「人間」の間には「めぐりあい」という意味があるそうです。人間とは人と人との「めぐりあい」。いよいよ年の瀬、今年のあなたは、どんな人とめぐりあったのでしょうか?

2007年12月14日

命でいっぱい

IMG_4442tikyus.jpg
           
           地球は命でいっぱいですね
           こんな星に生まれて
           よかったと そう思いませんか
                        末次健一 十歳 「いのち」

2007年12月11日

『殯(もがり)の森』

IMG_3782toriggs.jpg
                          05.12.07 横浜市青葉区
「自分の周囲2m以内に居る人のことを大切にすること。地域の人とのかかわり・地域の人々がどれだけ協力してくれるかなどが映画製作上非常に大切。地元の青年団の協力がとても助かった。」と語るのは、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品『殯(もがり)の森』の監督河瀬直美さん。
「第3回逗子湘南ロケーション映画祭」2日目の9日は、『殯(もがり)の森』の上映と河瀬直美監督のトークがあると聞き早起きをして逗子に直行した。前々から観たいと思っていた映画に加え、監督の河瀬直美さんに人間的な魅力を感じていた。さすが河瀬監督の人気が人を呼び、会場10時を待たず観客の長蛇の列。すでに当日券は売り切れである。白い衣装で壇上に現われた彼女は、飾り気がなく楚々として魅力的。言葉を選んで語る口調も好感がもてる。
作品にこめた想いについて、「生がここにあって、生きる喜びを感じられ、さらにそのいのちは受け継がれていく、と言うことを伝えられたらいい。リアリティーを出すために普通の人が演じた。演技が出来るようになるまでジット待つことが必要。そんなわけで、キャストを選ぶ基準は忍耐力のある人。」さらに「森が主人公のこの映画では、虫・鳥・風の音・水の音・木々の揺らぎなど自然の音に包まれている。そんな中から、生きているという気配を届けられたらいい。そしてあとからジワジワときて、さらに10年後20年後に思い出してもらえたらいいなー。」
今後の活動としては、「映画祭に独自性を持たせ、そこに行かなければ見られない地区ならではのイベントが必要。文化・芸術が生きることを考えるチャンスにしたい。本物が生まれれば経済もついてくる。人間元気でいたいので、国境を越えての映画祭をやりたい。先ずは信じて・信念を持って・実現し・続けていく・奈良の田舎の姉ちゃんが・国際で認めてもらえた。」と話す。
奈良での生活は、祖母をデイサービスに、3歳の息子を保育園に送り届けてから出来る範囲内での映画製作であるという。グランプリ受賞の監督の日常生活とは思えないことを平気でやってしまう彼女ってすごいよね!!今の今を充実して生きているって感じ。昨日は新百合丘の映画祭出席のため奈良から上京し、今日はこのトークが終わったら急いで帰奈良するんだって。「息子が待っているから。」という監督は、「このしなあかんと言うことはないからね!」を地で行く女性(ひと)である。


2007年12月08日

私は「書」で表現する

『書談』sho-dan創刊号ー私は「書」で表現するーが刊行されました。特集アンケート”私は「書」で表現する”に濱崎も答えています。発行人:酒井 明 /編集・製作:楽之舎 〒220-0023横浜市西区平沼1-40-17-1010 TEL/FAX045-323-4175 定価(800円+税) 書の専門誌ですので読み応えがあります。是非ご一読願います。
IMG_3824s.jpg

2007年12月06日

『墨花』季刊冬号

『墨花』季刊冬号・2007年12月4日 全国の書店にて発売中。「 気鋭の書家九名が語る <書家という生き方>」・「チャリティ展作品紹介」ページに濱崎が掲載されています。早速、名古屋の友達から「みたよー。」というメールをもらいました。綺麗な本ですので、皆さんも書店でお手にとってごらんになってください。


boka1.jpg

              ☆                   
boka2.jpg

2007年12月04日

茅山荘紅葉をめでる会

IMG_3544gggs.jpg

12月2日、葉山・茅山荘にて「紅葉をめでる会」がありました。全山もみじ・もみじの景観の中で書院・茶室・観音堂や屋外の作務(草取り・落ち葉掃き・拭き掃除)を した後は、30数名の方々とポトラック・ランチ(もちより昼食会)をして、晩秋の一日を心ゆくまで楽しみました。ワタクシメは作務をせず、ひたすらカメラのシャッターを切り続けていたのでありました。
IMG_3564.bokasigjpgs.jpg
                        草取り作務 02.12.07





3行伝言板