濱崎道子 書の世界



知られざる美しき交流
  「玉堂と比庵」展
―新発見の手紙と合作作品―
2008/5/13(火)-6/15(日)10:00-17:00
玉堂美術館・櫛かんざし美術館・いもうとやの3館

ギャラリートーク
2008/5/31(日)13:30-16:00
懇親会 50名 要予約
申し込みは「ままごと屋」に電話かFAXで
TEL0428-78-9523 FAX0428-78-8143

Copyright © 2004-2006 Six Apart. All Rights Reserved.


« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月30日

フルートコンサート

   CIMG2810kanaderukis.jpg
                     
                                
             
             祝・ピアノフォルテ開所記念

ホームスタジオ「ピアノフォルテ」開所記念コンサートのための作品「奏」。

2008年03月28日

花見日和

    今日、明日が花見日和の絶好調でしょうか。
    天気予報が外れたのでさくら並木を散策しました。
    花はもちろんのこと、凛とした幹の美しさにも魅か
    れました。  
    CIMG2766sakurahanags.jpg
    CIMG2763 sakuragss.jpg
    CIMG2766sakurahanags.jpg
 

2008年03月25日

狂おしく

・向き向きに花房垂れる雪柳 狂おしきまでいのち輝き

・狂おしくのたうつ花房はずっしりと 昨夜の雨を含み輝く

CIMG2691yukiyanagigs.jpg

雨上がりの朝は風もなく穏やかな日和です。
雪柳のあまりのパワーに圧倒され、歌を詠みました。


 

2008年03月24日

花冷え

                  
     


   CIMG2701sakura1s.jpg

    せっかく咲きかけた花も冷たい雨に震えています。
                    明日天気になーれ!!
                
                  ☆

2008年03月23日

さくらが咲きました

PICT0043tori4gs.jpgPICT0042tori5gs.jpgPICT0036tori6ggs.jpg
                     ・
PICT0062totitobugss.jpg
        今朝はバードウオッチングを楽しみました。08.03.23


                                  

2008年03月20日

つばき咲く何事もなけれど

tubaki2s.jpgtubaki2s.jpg
      IMG_5998tubakis.jpg
tubaki2s.jpgtubaki2s.jpg

      

2008年03月19日

音信のないあなたへ

日々の雑事に追われるまま、あっという間に月日は過ぎていきます。「お元気ですか?」と、そっとささやいては、けっして戻ることのないあなたの音信を待っているのです。
                                          
     CIMG2631buzis.jpg
                                無 事

 

2008年03月17日

花を風に

     CIMG2626s.jpg

   花を風にまかせ鳥を時にまかすも布施の功徳なり 一光

                  

2008年03月15日

タデアイ

     CIMG2596tadeais.jpg

         
         こぼれ種子 いつしら二葉持ち上げて
         タデ藍向き向きに 春風纏う    一光

2008年03月13日

春満つ

比庵・玉堂書簡にどっぷりの毎日です。画の聖(ひじり)玉堂が短歌を詠んでは、歌人比庵に「御批正願います。」という手紙を、15年もの長きに亘り送り続けたのでした。       

     003hiansikisis.jpg

               あたたかくまたは

               寒くて風も吹き

               雪も降りしか

               梅も咲きけり

                        比庵八十九


2008年03月10日

東京大空襲から63年

東京大空襲から63年の今日、各所でさまざまな行事追悼行事が行われている。現在、「玉堂・比庵」の往復書簡を読んでいるが、今から63年前の4月25日夕に清水比庵が川合玉堂に当てた手紙の一節に、大空襲の状況下の句がある。


「ー略ー先日 東都句友句を寄せ来る 空襲下の状況見るが如くに 序に御一覧を願ひ候  敬具

   ・変わる世の 焦土に上る 春の月

   ・桜咲き きのふの巷 また空し

   ・麗かに 焦土を護る 神在す   」


清水比庵が川合玉堂に当てた手紙は、戦況激しい昭和20年の1年だけでも31通にも及び、その後、玉堂が亡くなる昭和32年まで交流書簡は、とうに150通を越すのである。

     IMG_4816.JPG
     (昭和20年頃は、比安を使った)

2008年03月07日

校名揮毫

40周年記念行事の一環として校名版を新しくするので、その揮毫を頼まれた。先日、彫り上がった校名版の贈呈式に出席した。黒御影石に深彫りされた文字は、紙に書かれた筆文字とは趣を異にし魅力ある校名版に仕上がっていた。
700名ほどの児童の前で何か話しをするように言われたので、ただ話しだけでは聞いてくれないのかなーーと思い、巨きな筆と大字揮毫をしている写真等をパワーポイントに入れて行って見てもらうことにした。先ずは、巨大筆の紹介。筆を持った児童はこわごわと持ち上げ、「重いです。」と言ってた。「5kgはあると思う。これに墨を含ませると10kg以上になるかな 。」と言うと皆ビックリしていた。
次に、私が常日頃行っている大字揮毫の様子や作品等をスクリーに大写しにして見てもらい、最後に校名版について話した。「校名を書くに当っての準備として、どんな書体にしようかな?大きさはどうしようかなーーとかをさんざん考えて書くんだよ。」と言って、いろいろな書体や字形のさまざまをスクリーに写し出されると、これまた興味を示してくれたのでとてもありがたかった。「こんなふうにして出来た校名版の文字は、みんなの見慣れた楷書ではないかもしれないけど、私がいろいろ考えて、この学校に似つかわしいと思った文字なので、校門を通る時には、時々見てやってね。」と言う話しもした。紙書き以上に魅力ある校名版に仕上げてくださった石材店さん、ありがとうございました。久しぶりに大勢の児童に会い、大きなおおきな元気をもらったように思う。
       IMG_4813fude1ss.jpg
                          紹介した筆

2008年03月04日

50年ぶりの同期会

50年前に中学を卒業した同期が集いました。雪国生まれの仲間207名の内28人の参加。(既に21名が亡くなっている)
50年振りに会った人の中には、名前や顔がなかなか思い出せない人もいたが、ふるさとの訛りの新庄弁でしゃべっているうちに、その頃の出来事が走馬灯のように思い出され、半世紀の時間を飛び越しての会話が弾み旧交を温めることができました。
翌朝9時からの市内観光には、飲みすぎの人、カラオケで歌いすぎた人、おしゃべりをしすぎた人も皆元気に参加し、山下公園散策や三渓園での観梅を満喫しました。
「俺だず、まだまだ若げんねがーー。もう10年ばっかす頑張れっぺやーー。」「ほんて きていがったやー。 おもしぇがったやー。」と口々に言いながら、明日へ力を確信したのでした。
短い時間ではありましたが、ホッコリとしたぬくもりに包まれた15歳の少年少女に戻ったひと時だったかな…。昼過ぎには別れを惜しみつつ、再会を約して横浜を後にしたのでした。
幹事さん、お疲れ様!!本当にご苦労様でした。

     CIMG2522irorigggs.jpg
                  三渓園・合掌造内の囲炉裏

   

2008年03月02日

かわせみ

かわせみを初めて見ました。長い望遠レンズを構えたおじさんたちの緊張した沈黙とは裏腹に、穏やかな春風に身を任せ、水ぬるむ川面の細枝を揺らしています。私もしばし足を留め、コバルトブルーの美しさに見とれてしまったのでした。 08.03.02 町田・境川

      CIMG2426kawasemib.jpg

2008年03月01日

心の背丈

CIMG2392 sings.jpg
                             心の背丈が伸びる

源氏物語に登場する女性たちは、のちに出家することが多い。出家することを相手の男性に相談すると殆んどが反対されるので黙って自分ひとりで決めることが多かったようだ。それまで自己主張の機会も少なかった女性も、一旦出家を決めることにより覚悟が出来て、「心の背丈が伸びた」ようだ。
今を生きる私達も、丹田に力を入れてジッと踏ん張ることで、「心の背丈」を伸ばしていきたいものである。






3行伝言板