京の紅葉・ 直指庵

| | コメント(0) | トラックバック(0)

CIMG0162zikiangggs.jpg

京都に一週間滞在中に紅葉を見て廻ったが、観光地はどこへ行っても人・人・人でうんざり。そこである朝、宇多野からの大覚寺をめざして北嵯峨を散策してみる。誰も通らない山道を歩いていると、時折ランニングの人にすれ違う。道を尋ねると、近くに宇多天皇御陵と直指庵のあることを知る。教えられるままに一時間程行ったところに宇多天皇御陵はあった。更に20分ほど行った山中に直指庵の静かな佇まいがあった。500円の拝観料を払い入ってみる。

思いもかけぬ紅葉の見事なこと!!全山の紅葉に圧倒され呆然と立ち尽くしてしまった。

CIMG0163zikiantategggs.jpg

CIMG0164zikiangggmikis.jpg

案内によると直指庵は、「臨済禅を学んだ独照性円が、南禅寺栖雲庵から正保3年(1646年)に北嵯峨細谷に草庵を結んだのが始まりで、後、幕末の頃に、近衛家老女津崎村岡局が直指庵に入り、再建し土地の子女の訓育に尽くし現在に至っている。」ということである。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 京の紅葉・ 直指庵

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/58

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ