2009年1月アーカイブ

 

CIMG0102daitangs.jpg

久しぶりに、6年生と一緒に書の勉強をする機会に恵まれた。中学生になるための「決意」を書にして、残り少ない小学校生活を充実したいというねらいの学習らしい。6年生の考えてきた言葉には、前向きで未来に向けてのメッセージが多く見られる。これら思いの籠った言葉を書にするには、「筆使いや形だけに囚われず、思いっきりのびのびと書いてみたい!!」という願いを達成するための4時間の授業のお手伝いである。最初の2時間はレクチャー。「文字や言葉のチカラ、書と書写との違い、書は自己表現の一つである」等を、筆者の活動の映像を見ながら紹介し、さらに、次週までに各自の言葉をデザインしてくる宿題を出す。

2回目の今日は2時間の実技指導。先ずは6年生のリクエストによる「舞」の大字揮毫。その際に紙に向かう気持や、書く姿勢についての説明を。さらに、緊張感を解きほぐす必要を感じ、大字の周囲に寄せ書きをする。心も体もリラックスしたところで4人グループに分かれ書き始める。書のデザインを10こも考えてきた児童もいて、みんなやる気充分だ。大きな字を書くのに4人の筆を束ねて一本の太筆にしたことも、グッド・アイディア。この過程で特に注意することは、「大きな文字を書く時には、体全体っでリズムを取りながら書くこと。姿勢は、脇の下にボール一つが入るほど空けると書きやすいこと」などを説明。後は児童の作品を巡視しながら、「いいねーー。すばらしいねーーー。」の連発に児童たちのやる気は倍加。徐々に心と体が開放され、終にはのびのびとした作品を仕上げることが出来た。

上手に書こうとか、書き上がった時点での他人の評価等を気にせず、自分の思いを重ねて書く時の充実感を味わってもらうことができたなら、その時点で今回の授業は成功したと思う。ともすれば、書は出来上がった作品の評価で終わることが多いが、それよりも、書く行為自体が「書そのもの」であり、一期一会なる「書の醍醐味」といえるのである。

CIMG0042kamis.jpg CIMG0045mimikogos.jpg 

CIMG0061yoseggs.jpg    

CIMG0074taiyos.jpg         CIMG0107kyus.jpg

CIMG0099nasebags.jpg     CIMG0096mimigs.jpg

CIMG0085onores.jpg 

  すっかりリラックスしての揮毫ですね。

「書写なんてどうしてやるの、こんなつまらないものをという児童がいるのですが...。」という担任の先生の話を聞いていたが、90分の授業の終わる頃には、「おもしれーー、モットやりタイヨーー。」との声も聞こえてきた。「そんなに面白いなら、先生のアトリエにいらっしゃい。いつでも書かせてあげるから。」と言うと、ビックリしたのかキョトンとしていた。元気な児童たちのパワーをもらいながら楽しく書の勉強の出来たことを嬉しく思う。

皆さん、どうもありがとう。卒業までの時間を大切に過ごしてくださいね!!

 

   2009年1月25日ー武道と音楽のコラボレーションーをテーマとする「第6回日中武術国際友好演武大会」が町田市民ホールで開かれた。2年毎に開催されるこの大会には、世界17カ国からの参加者による日中武術の競演が繰り広げられた。末席ながら太極拳の2種目に参加した。

IMG_9218aisatus.jpg 

              開会式 ・17カ国の代表者の紹介                                                           

IMG_9298.yuzijpgs.jpg IMG_9252amerikas.jpg

              日本                   アメリカ

IMG_9314yuzioyakogs.jpg 

特別演武(菅原道場)   

IMG_9242pasukarus.jpg

合気道演武(スペイン剣心館道場)                                                  

IMG_9312turugos.jpg

                  42式太極剣(長津田教室)

IMG_9279katuras.jpg budou224sikis.jpg

 10式太極拳(桂太極の会)     24式太極拳(長津田教室)

IMG_9318buzyututaikaiggs.jpg

           24式・32式太極拳(上級指導員グループ)

budo3.jpg IMG_9332rings.jpg

    太極扇         形意強身功(林建華老師/菅原道場)                                                           

 IMG_9397sins.jpg IMG_9372.singgjpgs.jpg 

                                                             授特別演武・邢雁灵老師

IMG_9357kos.jpg 

IMG_9359sings.jpg
   特別演武・アモイ大学胡立虹教授 

   IMG_9296iongakus.jpg 

    アトラクション ( ラテン・ミュージックとフォルクローレ )

                           

和・Peace

| | コメント(0) | トラックバック(0)
wa ss.jpg
                          
                           和

shodo 190gakuseis.jpg

            チャナッカレ大学・スポーツサロン

shodo 222mimis.jpg

              「夢」の大字揮毫  22.10.08

  「夢」の周りに学生達が次々と好きな言葉を書いていきます

shodo 286.yosegakijpgs.jpg

shodo 293yosegakigggs.jpg

shodo 287yosegakiggs.jpg 

shodo 285 saings.jpg 

忽ちサインで満杯です。さすが日本語科の学生達、皆サインが上手です。                    

shodo 293yosegakigggs.jpg

   ついに参加型ワークショップで「夢」の大字揮毫の完成です

shodo 310syugogggs.jpg

      学科部長の近藤先生も一緒に記念撮影  22.10.08

CIMG1768sinbuns.jpg

                   地元の新聞に掲載された。

shodo 304mimigakuseitos.jpg

  

日本人留学生の大チャン達とのキネンシャシン

        

10月に国際交流基金派遣の日本文化紹介でトルコに行きました。タイトル「トルコの風に夢のせて」に相応しく、書を通じてトルコの人たちと交流を深めました。アンカラでは土日センター・アンカラ大学で。またチャナッカレでは チャナッカレ大学で書のレクチャー・ワークショップ、そしてデモンストレーション「大字揮毫」を行いました。 チャナッカレ大学での交流を紹介します。

チャナッカレは、イスタンプールからバスで6時間かかりました。バスターミナルでチャナッカレ行きのバスに乗るのに混雑が予想され、また短時間での移動は到底無理だろうということで、在イスタンプール日本領事館の田辺朋子に空港出迎えとバスターミナルまで案内していただきました。もし私たち二人だけで、タクシーを使っての移動では、到底無理だったと思います。もしターミナルまで行き着いたとしてもバスターミナルは広く、大きな荷物を持って右往左往するだけだったかもしれません。予定通りにチャナッカレに到着出来たのも、田辺さんのご案内のおかげでした。

 

レクチャー

IMG_7631mimizyugyos.jpgIMG_7621miirugakuseigs.jpg

IMG_7625mimizyugyogs.jpg

                   レクチャーは、 チャナッカレ大学一年生と

IMG_7654mimiggs.jpg IMG_7659mimisetumeigs.jpg

                        漢字の歴史・甲骨文字の説明

IMG_7679sumis.jpg

                     書道用具のなまえと使い方の説明

IMG_7728sihans.jpg 

                           平仮名・カタカナの説明

 

ワークショップ

IMG_7709mimiggs.jpg IMG_7809rensyuggs.jpg

IMG_7771yokosengs.jpg  IMG_7786rensyugs.jpg    IMG_7813rensyugs.jpg IMG_7823senseia.jpg

                            書の得意なアイディン先生  

 IMG_7799airensyugs.jpg IMG_7856guruziarasyamimis.jpg

                   留学生のラシャ君は母国のグルジア語で

IMG_7869chanakaresyugogs.jpg

                   ワークショップ後の作品紹介 21.10.08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10月17日はアンカラ大学でのデモンストレーションでした。当日、紙張りや会場のセッチッグを学生達に手助けしてもらい、巨大紙(500×1000cm)を作りました。 アンカラ大では、杉山・俣野両先生に大変お世話になりました。

IMG_7039kamiharis.jpg

IMG_7048kamiharis.jpg 

IMG_7063 zyunbis.jpg IMG_7055zyunbigs.jpg

展示物も張り終わり、後はデモンストレーションを待つばかりです。真白な紙は、紙それだけで緊張感があります。 学生スタッフとの打ち合わせをして、準備万端、いよいよデモンストレーションです。

DSC01785 utiawases.jpg                       IMG_7106mimigsjpg.jpg

        "夢"の大字を一気呵成に揮毫します。気合が入ります!!

 IMG_7121mimikigogs.jpg                                 IMG_7127mimikigogs.jpg  

IMG_7147yosegakiggs.jpg

デモンストレーションの後は、見学者に参加を呼びかけ、「参加型ノワークショップ」の始まりです。

 

IMG_7158sugoigs.jpg IMG_7183kyouzyugs.jpg  IMG_7176sainggbs.jpg IMG_7199saingggs.jpg

IMG_7137ankarayosegakigs.jpg

IMG_7169sosebs.jpg

IMG_7148yosegakiggggs.jpg IMG_7158sugoigs.jpg

IMG_7180yosemanpaigggs.jpg

凄い!! もう満杯なのに、未だ書き加えている人が居ますね。当日、大学で開催中の考古学会の学者先生方も三々五々覗かれて、ワークショップに参加されました。このようにして、書き手と観客が一体となって創りあげた"夢"の大字は、大勢の人たちからメッセージとパワーをいただき、よりいっそう生き生きとしてきます。まさに書体験の共有ですね。

アンカラ大学でのデモンストレーションと参加型ワークショップは、学生スタッフに支えられ、共に楽しめたイベントだったように思います。最後に、学生達と記念写真に収まったり、ボデイペイントのおまけまで付いた賑々しい事業となりました。    

IMG_7230peintbmimigs.jpgIMG_7244peits.jpg

レクチャー  

「日本の文字・漢字とかな文字」 

 10月16日(木)アンカラ大学日本語学科3年生の授業

IMG_6958mimiggs.jpg

IMG_6970tanosisougakuseis.jpg

 

ワークショップ  (レクチャーに続いてのワークショップ)

  用具の名前・用具の使用法・基本的な書法などを指導した後に、

  「風」を一斉に書く。

            IMG_6979mimigs.jpg

IMG_7002gakuseigs.jpg  IMG_6989gakuseiggs.jpg                     

        IMG_6990gakuseiggs.jpg 

 和気藹々とした授業の中にも、真剣に学ぼうとする学生の姿が印象的。

        

IMG_7018gakuseiggs.jpg   

IMG_7031gakuseigs.jpg IMG_7005gakuseis.jpg

    筆使いのなれた時点で、各自の好きな言葉を書いた。

    日本のマンガに出てくる言葉や文章を好んで書いていた。

  IMG_7037gakuseis.jpg  IMG_7038gakuseisainngs.jpg

IMG_7033kyousitugs.jpg

10月14日(火)18:30~20:30に、アンカラ・土日基金文化センターにおいて、レクチャー「書の歴史」「現代の書」とワークショックを行った。今回は土日基金の招聘で実現したもので、センター長はじめ職員の方々には大変ご協力いただいた。特に、同センターに派遣されている日本語教師・横野先生のご尽力で、日本大使館をはじめ、アンカラ大学・チャナッカレ大学への連絡を密にして頂いたので、行く先々での事業が大変スムーズに出来た。改めて感謝申し上げたい。

レクチャー 

IMG_6651aisatumimigs.jpg 

             通訳は当職員のギョクセリンさん             

 ワークショップ

土日基金文化センターでは、毎週土曜日に日本語講座が開かれているので、日本語を学んでいる人や、日本語に興味のある人たちが多く集まった。子供連れ家族もあって、皆楽しんで参加していた。

IMG_6664 mimiwoekshopggs.jpg IMG_6684mimiaiggs.jpg 

IMG_6682mimitehongggs.jpg IMG_6665wakugs.jpg                               

IMG_6676workshopggs.jpg IMG_6679mimiworkshopgggs.jpg

                     IMG_6680kodomoyumes.jpg

  

IMG_6692syugoggs.jpg

                ワークショップ終了後の記念撮影

 

IMG_6914.daiziaiggggjpgs.jpg

 

デモンストレーション「大字揮毫・夢」 土日基金センター 14/10/08

    

2008年10月12日-26日に、「国際交流基金日本文化紹介・トルコ」派遣で、トルコのアンカラ・チャナッカレ両市で書の交流を行った。アンカラでは、土日基金センターとアンカラ大学で。チャナッカではチャナッカレ大学での事業である。事業内容は、1、レクチャー 2、デモンストレーション 3、ワークショップである。

親日的なトルコに於いて、日本と日本文化に対する興味関心が高く、大学や高校でも日本語を学ぶ学校が増えている。今回は日本語を学ぶ学生と社会人を対象にした事業で、参加者の多くは日本の書道に大きな関心と学習意欲を示していた。これから、何回かに亘りその模様を紹介してみたい。

IMG_6733genkangs.jpg

IMG_6742daizig.jpg

      デモンストレーション・ トルコ「土日基金センター」  2000.10.15.

 IMG_6702donitikikins.jpg

デモンストレーションの会場となった土日基金センターの玄関。 トルコ語で書いた横断幕は "トルコの風に夢のせて"の意。 トルコ人の先生に教えてもらいデモンストレーションの直前に揮毫したもの。その下は落水紙を使ってのモニュメント。

 

会場での感想

・「すごい気を感じた。ふわーっと風が来て飛ばされそうになった。」
日本に居てもなかなか見られない大字揮毫にみんな驚かれた様子。今回のタイトル「トルコの風に夢のせて」なので、爽やかな風を会場に興すことが出来たら大成功!!。

・「この場に居られるのが幸せです。」
・「日本から来て書道を見せてくれて有難う。トルコと日本がより仲良くなっていって欲しい。」
・「書道を見て、元気になりました。」
・「書道は美しいです。是非またやりたいです。」
・「書道は美しく、素晴らしい芸術です。トルコには芸術が少ないと思うので、もっと盛んになってほしい、と書をかいていて思いました。」

 

 

蝋 梅

| | コメント(0) | トラックバック(0)

CIMG0002roubaigs.jpgCIMG0002roubaigs.jpg

  暮からの来訪者が帰りほっとして眼を外に向けると、何ともう、

 蝋梅の花が咲いているんですね。

 蝋細工のような花びらから、その名の由来があるそうですが、

 真っ青な空に向かって劈くように咲き競う姿にしばし見とれて

 しまいました。 そこはかとな芳しく清清しい一本気な姿に、

 生き様を重ね合わせてしまいました。

  儚さを秘めつつ、すっきりと生きて行きたいものですね。

笑う門には...

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 CIMG3926fukugs.jpg     CIMG1925kusudamas.jpgCIMG3926fukugs.jpg 

CIMG1925kusudamas.jpgCIMG3926fukugs.jpgCIMG1925kusudamas.jpg

CIMG3926fukugs.jpgCIMG1925kusudamas.jpgCIMG3926fukugs.jpg                                               

  

      厳しい年の始めではありますが、ここは正念場!!

   ジッと歯を食いしばって、ことさら笑顔で過ごすしか

   方法はないのでしょうか?「笑う門には福来たる」。

   せめてもの慰みに、笑顔を絶やさずに参ります。  

                  平成21年 正月二日

 

 

CIMG0048hagoitas.jpgCIMG0048hagoitas.jpgCIMG0048hagoitas.jpg 

IMG_9201usigbggbs.jpg

                           丑           

                            明けましておめでとうございます

              今年は丑年

ゆっくり・のんびりと参りたいと思います

今年もよろしくお願いします

CIMG0048hagoitas.jpgCIMG0048hagoitas.jpgCIMG0048hagoitas.jpg 


2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ