チャナッカレ大学・レクチャーとワークショップ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月に国際交流基金派遣の日本文化紹介でトルコに行きました。タイトル「トルコの風に夢のせて」に相応しく、書を通じてトルコの人たちと交流を深めました。アンカラでは土日センター・アンカラ大学で。またチャナッカレでは チャナッカレ大学で書のレクチャー・ワークショップ、そしてデモンストレーション「大字揮毫」を行いました。 チャナッカレ大学での交流を紹介します。

チャナッカレは、イスタンプールからバスで6時間かかりました。バスターミナルでチャナッカレ行きのバスに乗るのに混雑が予想され、また短時間での移動は到底無理だろうということで、在イスタンプール日本領事館の田辺朋子に空港出迎えとバスターミナルまで案内していただきました。もし私たち二人だけで、タクシーを使っての移動では、到底無理だったと思います。もしターミナルまで行き着いたとしてもバスターミナルは広く、大きな荷物を持って右往左往するだけだったかもしれません。予定通りにチャナッカレに到着出来たのも、田辺さんのご案内のおかげでした。

 

レクチャー

IMG_7631mimizyugyos.jpgIMG_7621miirugakuseigs.jpg

IMG_7625mimizyugyogs.jpg

                   レクチャーは、 チャナッカレ大学一年生と

IMG_7654mimiggs.jpg IMG_7659mimisetumeigs.jpg

                        漢字の歴史・甲骨文字の説明

IMG_7679sumis.jpg

                     書道用具のなまえと使い方の説明

IMG_7728sihans.jpg 

                           平仮名・カタカナの説明

 

ワークショップ

IMG_7709mimiggs.jpg IMG_7809rensyuggs.jpg

IMG_7771yokosengs.jpg  IMG_7786rensyugs.jpg    IMG_7813rensyugs.jpg IMG_7823senseia.jpg

                            書の得意なアイディン先生  

 IMG_7799airensyugs.jpg IMG_7856guruziarasyamimis.jpg

                   留学生のラシャ君は母国のグルジア語で

IMG_7869chanakaresyugogs.jpg

                   ワークショップ後の作品紹介 21.10.08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: チャナッカレ大学・レクチャーとワークショップ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/74

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ