百人一首

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「栴檀社書展」第55回記念のテーマは、「百人一首」。その中に、大石隆子先生の「百人一首」全首の展示もあり、次のような 説明がある。

【 大石隆子先生の作品は昭和48年に美術評論社より出版された「百人一首」の本の原稿として書かれたもものです  「芸術性のみでなく一般に親しんで頂く為分かりやすく書いた 」と先生の付記がございました これからも作品づくりの糧としていきたいと存じております

CIMG0015ukarikerus.jpg          憂かりける 人を初瀬の山おろし はげしかれとは 祈らぬものを

 

百首の作品は、何れも飾り気が無く、簡素な線質の美しさと衒いのない字配りの見事さに、時の経つのも忘れて見とれてしまった。絶版だという美術評論社の『百人一首』をどうにか入手し、参考にさせていただきと思う。展示は東京銀座画廊美術館で、3月15日まで。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 百人一首

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/101

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ