墨「李家烟」

| | コメント(0) | トラックバック(0)
  奈良の古梅園と南松園の墨工房を見学した。

墨作りは漢代に始まったといわれているが、日本に製法が伝わったのは、推古天皇の時代。高麗の僧曇徴が本格的な技法をつたえたといわれている。 弘法太師が唐から帰国後、興福寺の二諦 坊において墨を作らせ、室町時代まで及んだ。

  その時の墨 型(銅製)が代々古梅園に伝わり、その型を以って14世松井元祥氏が復元した墨がある。表は龍紋、裏には「李家烟」の3字が彫られている。墨の歪んでいるのは銅の墨 が往時の羅災によるとの説明書きがあった。

CIMG0037ryuss.jpg

                     表  龍紋

CIMG0027uras.jpg

                     裏  李家烟

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 墨「李家烟」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/102

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ