サモラ芸術大学・小学生との出会い

| | コメント(0) | トラックバック(0)

P4280088yosegakiggs.jpg

サモラはサラマンカの北60kmほどに位置するポルトガルに近い町。そこにある「国立芸術大学」で「書のレクチャー&デモンストテーション」を行った。この学校での交流が実現したのは、サラマンカ在住の芸術家・ミゲル氏の紹介で、彼は昨年からこの学校に勤務している。日本人訪問者は、今回の我々が2度目だそうで、歓迎され、かつ珍しがられた。

地図の説明 

一日目は、大学生・一般人を対象にしたレェクチャーとデモンストレーション・大字揮毫である。デモンストレーションには、隣にある小学校の児童たちも参加しての賑やかな交流となった。

デモンストレーションの会場は大学の屋上。早々と集まった小学生達は、わいわいと騒ぎながら今か今かと待っていてくれた。いよいよ紹介され屋上に出て行くと、「ワー!!」という、大きな歓声と拍手で迎えてくれた。その熱気につい思わぬ行動に出た私は、ハグ?というのか、児童の一人を抱きしめていた。それを見た周囲の児童たちは大喜びでわれもわれもと歓迎してくれるので、つい何人ともハグをしてしまった。後で聞いたことだが、ハグをした中の一人は、日常生活では決して人とは接触しない児童だったらしい。先生も他の児童も私のハグにすんなりと応じるその子を見てそれは驚いたそうだ。

何も事情を知らない私は、児童の大きな歓迎に答えるべく自然に出た行為が、そのような結果につながったことを後で聞き、書の交流が児童の心を開くことにつながったことを知らされ、はるばるサモラまで来た甲斐があったということでしょうか、疲れの吹っ飛んだ一瞬であった。

P4280069haguss.jpg 

P4280066mimihagus.jpg P4280065 mimigs.jpg              P4280071mimihagus.jpg

                     ☆

 P4280081mimis.jpg  P4280075mimiaisatugs.jpg                     P4280082samorayosegakiggs.jpg

日本語も漢字も知らない児童達なのに「龍」の書を見てドラゴンだと分かりました。 「龍」の周囲に寄せ書きをする児童達  08.04.09

IMG_0488demogs.jpg

IMG_0489zamorags.jpg IMG_0491saings.jpg   

           児童の 見事な寄せ書き  EN ZAMORA  08.04.09

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サモラ芸術大学・小学生との出会い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/131

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ