【書芸精神2009ソウル展】

| | コメント(0) | トラックバック(0)

韓国・日本・中国・アメリカの作家総勢205人による大規模な作品展「書芸精神2009」が芸術の殿堂 ・ソウル書博物館で6月29日から7月8日まで開催。今回の展覧会の主題は「現代社会における書芸術」。初日には書芸文化の社会性を問い直そうとする主旨のシンポジウムが行わた。先日、シンポジウ・オープニングに参加。今後の書のあり方や方向性について考える機会を得た。

IMG_1203kanbans.jpg IMG_1195syogeiseisings.jpg 

                芸術の殿堂・ソウル書博物館

IMG_1221panerisutos.jpg IMG_1219sinpozyumus.jpg

 シンポジウム「現代社会における書芸術」・芸術の殿堂書博物館「文化サランパン」 29.06.09

IMG_1289kazegs,jpg.jpg IMG_1266sakuhings.jpg

        展示会場

IMG_1337tepukatos.jpg IMG_1304kototutumigggs.jpg 

                    開幕式・伝統の音楽(玄琴と鼓奏)と書のコラボレーション

IMG_1375akaberes.jpg

IMG_1245daizis.jpg IMG_1478kigous.jpgIMG_1431jyunkos.jpg IMG_1497sekisyos.jpg

                                                          韓国学生による揮毫

 

  

     

   

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【書芸精神2009ソウル展】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/140

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ