[64年目の夏 鎮魂のニューギニア]

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「64年目の夏 鎮魂のニューギニア 三橋国民展 2009」が、8/11-8/16 銀座鳩居堂、9/1-9/6  八王子いちょうホール で開催されました。9/3に八王子いちょうホール において、ミニコンサートと平和記念講演会がありました。コンサートでは、あの頃 ニューギニアの戦場で兵士たちが口ずさんだ歌が、三橋しげ子さんの歌声で紹介されました。

また、三橋国民さんの平和記念講演会「死の瞬間に見えたもの...」では、64年前の飢餓戦線で、40人いた兵士の中でたった2人だけがが生き残ったという、その一人の兵士三橋国民さんの臨死体験でした。あまりにも壮絶な話しだけに、信じられないような話しに入ると、「これは作り話ではないんです。本当にあった話しなんです。」とやわらかい語り口の中にも、険しいお顔になる一面もありました。下の写真は爆風を受けて、もう駄目だと思った時の臨死体験を絵にしたものだそうです。これを舞台の背景しての講演会でした。

CIMG0323rinsis.jpg  CIMG0321kokuminbs.jpg

             臨死体験の絵    講演する三橋国民氏  3.09.09

CIMG0306kunitamisyos.jpg  CIMG0312sigekos.jpg 

       三橋国民氏 の書         ソプラノ独唱 三橋しげ子さん

銀座鳩居堂と八王子いちょうホール両会場で作品を拝見しましたが、その生き様は、想像を絶するものでした。「私が生き延びたのも、眼に見えぬ何かのご縁のおかげです。私は造型作品を通じて、亡くなられた兵士達への鎮魂の思いを世に語り続けていくことが、役目だと思っています。」と、三橋国民氏は、静かな口調で話されました。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [64年目の夏 鎮魂のニューギニア]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/150

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ