【ふれあいオアシスコンサート】

| | コメント(0) | トラックバック(0)

SAVE000810oasisuconserts.jpg

今年も「ふれあいオアシスコンサート」に行って参りました。今回は書とチェロのコラボレーションでした。チェロ演奏後暗転...スポットライトの中から揮毫が始まるといった幻想的な演出でした。主催の斉藤葉子氏の詩をテーマに、たて10m横4mの大きさの紙に「蒼穹」の二字を揮毫しました。

チェロ奏者のシン・ガンジン氏曰く。「年間、沢山のコンサート会場で演奏しているが、こんなコンサートはめったにない。書とのコラボはふれあいオアシスコンサートの目玉であり、お客さんにとっては最高の楽しみでありサービスだと思う」、と言いながら、書き始めのタイミングや墨出のタイミングなど、微妙な間合いなど、二人で綿密に打ち合わせました。

山形新聞の若い女性記者は、演奏前には、「住まいはどこですか?」などと醒めたインタビューをしていましたが、大事揮毫終了後は、「紙の大きさは?」と興奮気味に質問してきました。初めて見る人にとっては、「大字揮毫」の迫力に圧倒されたのかもしれません。毎年会場に足を運んでくださる方からは、励ましの言葉を頂き、無事2時間半のコンサートを終えることが出来ました。

この催しは、NPO法人発達支援センター・ 社会福祉法人牧人会発達支援センターひかり支援コンサートです。このような催しの仲間に入れていただけることに感謝しつつ、来年の再会を約して帰横しました。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【ふれあいオアシスコンサート】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/228

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ