2010年9月アーカイブ

【ku&inori 】

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ku&inori

20100919_004ss.jpg

                                                                                              inori-1

▼「人は器量に応じた仕事しか出来ない。器量に応じた人生しか送ることが出来ない。器量を広げたいと願うなら、目の前のことをとことん命がけでやることだ。」山本兼一著『命もいらず名もいらず』山岡鉄舟の生活を描いた小説を昨夜読みかけた。少年時代に剣の師匠から言われたことば。(上)の半分位しか読んでないけれど、ピタとくることばが随所に出てくる。おもしろい。今日はとてもいいものを観せてもらった。「作品集」の「軌跡」もとてもいいですね。この素晴らしい時間が何時までも続くように念じてますよ。あの35枚の空は、濵﨑さんの世界の入り口かも知れない。参州師から自立しなければならない。ぼちぼち見えてくるのか、突然見えてくるのか...「目の前のことを命がけで」やり続けるとわかることかもしれない。自分の好きなことを命がけでやれる幸せにカンパイ!!

人の気持を惹きつけるのは何なのでしょうか?表現されたものに感じる表現者の真実かなとも思ったり。濵﨑さんの数々の写真のあの笑顔が作品に出てくれば田中一村以上になるのではと期待しています。伊藤比呂美著『読み解き般若心経』これだってアリなんだと思います。(K氏からのハガキより) 

                                                                                            20100919_002koukotuss.jpg

                                                                                              inori-2

20100919_003s.jpg

                                            祈りⅣ

この度は素晴らしい作品図録を送って頂きましてありがとうございます。編集&デザイン&装丁、もちろん作品もですが、凄い!の一言に尽きます。身近な方?がこのように国内外で活躍されていること大変嬉しく思っています。この中で沢山ありますが、私なりに特に印象深い作品です。

1.6頁「空」
  「空」の力強い太い線と、「般若心経」の良寛風の細い線のバランスが、亡きご主人の遺影を感じます。
2.11頁「祈りⅣ」
  「いのり」の乾筆と余韻ある収筆、バックは「命」と書いてあるのでしょうか。療養中のご主人を思う、濱﨑 さんの気持ちが伝わってきます。
3.12頁~13頁「空と祈りⅠ・Ⅱ」ヴィジュアル的で心が和みます。
                                  (I氏からのメールより)
 
   CIMG0961 kus.jpg
                                                                          空マンダラ/mandara
 
 

        20100919_014 kuhannyass.jpg     

                                                                       ku-hannyasingyo-1         

                                                                                              20100919_007zyakuzyos.jpg      20100919_010 teikans.jpg

                                   zyakujo                                             teikan 

20100919_001s.jpg                                                                                                                                                                                                  

                                                                                                inoru    

20100919_006 hitens.jpg   20100919_009musins.jpg

                                    hiten                                               musin   

20100919_008romazis.jpg

                                                                                         inoru

20100919_012kusiross.jpg

                                                         空と祈りⅠ /  ku-mandara-1  

           20100919_013kusinbunss.jpg

                                                空と祈りⅡ/ku-mandara-2 

 

   

     

       IMG.jpg

 

清水比庵展【毎日佳境・老いを詠む】が

鎌倉・吉兆庵美術館で開催されます。

www.kitchoan.jp/museum/kamakura.html  

「毎日佳境」

比庵は「毎日佳境」という言葉を好みさまざまな作品に書き出しています。

これは良寛の言葉であり、比庵はこの言葉を「日々好日」の

日本化した詞としてとらえていました。

一日一日を大切に生きる、一つの作品を仕上げるのに

何度も推敲を重ね、書き直していく。

日々、佳境に折ることを心がけながら、

制作に励む比庵の姿勢がうかがえます。 

 

IMG_0002.jpg 

 

会期:平成22年9月8日(金)~平成23年1月18日(火)

会場:吉兆庵美術館/鎌倉市小町2丁目9-1 TEL0467-60-4025

開館時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで) 

休館日: 第1・3月曜日(祝日は除く)

入館料:大人600円、小中学生300円

 

IMG_0002bs,jpg.jpg 

アクセス:JR横須賀線 鎌倉駅下車 徒歩約3分

 

 

       PICT0013higanbana3.jpg

 

千葉市市立美術館で展示中の「田中一村展 」を観ました。最終日の26日は会場は観客の熱気にむんむんとしていました。が、会場はシーーーンと鎮まりかえっています。不思議な空間でした。

才能に恵まれながら、画壇から認められることなく挫折に挫折を重ねた一村が、全てを捨てて奄美に移ります。そこでも、何年か染色工をして資金を蓄え、その後何年か描くといった厳しい生活中で、命を削っての制作が独自の作風を極めることになります。しかし、ついに一村は画家として社会から認められることなく69歳でこの世を去ります。

今回初公開の鳥や魚等の精緻なスケッチに一村の真髄があることを知りました。

貧困に耐えながら描き続けた画家田中一村の生き様に圧倒され、

戦慄を覚えながら、只管見入るばかりでした。

 

☆ 

 

今年も、まんじゅしゃげが咲きました。

 

 

【Spirited Calligraphy Exhibition 2010】 がジョージア州立大学ウェルチ美術学院ギャラリーにて開催。ジョージア州立大学の招聘を頂きました。中国1人・日本9人・韓国5人・アメリカ8人の作家が参加。作品展示、シンポジューム&アクションが行われる。

会期は10/07~11/19 。10月 7日に、ジョージア州立大学の学生を対象にしたシンポジューム&アクションがあり、濱崎は大字揮毫と参加型ワークショップが予定されている。

              Screen shot s.jpg 

【Spirited Calligraphy Exhibition 2010 】 のプログラム

IMGss.jpg

   ☆

IMG_0002ss.jpg

IMG_0003ss.jpg

             IMG_3457s.jpg

 「香川のプレーは書道の流れるような筆」のスポーツ記事を見ました。

サンケイスポーツ 9月21日(火)7時52分配信

 【ゲルゼンキルヘン(ドイツ)20日】ブンデスリーガ・ドルトムントの日本代表MF香川真司(21)は19日、"レビア・ダービー"(同地区ダービー)のシャルケ戦(アウェー)にトップ下で先発。先制&決勝弾を決める大活躍をみせた。3-1での快勝に、地元紙は「香川のプレーは書道の流れるような筆」などと大騒ぎ。ドイツ最大のダービーマッチに予告通りの活躍で、歴史にその名を刻んだ。
 
と。地元紙が香川絶賛「ダービーの英雄に」との見出しでした。熱烈なサッカーファンではないが、香川の書道の流れるような筆なるプレーを見てみたくなりました。

                        ☆

ようやく涼しくなりました。十五夜の月はベランダに椅子を出し、しみじみと眺めました。途中でケイタイが入りました。急いで戻った頃には暗雲の夜空に変わっていました。、「どんどんと雲が流れ、お月様は隠れてしまった」と、ベランダでスケッチしながら一部始終を眺めていたおさな子は、何枚も何枚も夜空をスケッチしていました。そして手紙も書きました。          

                                         ☆                    

             IMG_3457s.jpg
                              

                          【空kuと祈り展】 終了しました。

                                            ご高覧ありがとうございました。

IMG_3260hirosis.jpg CIMG1108s.jpgIMG_3195tamiyas.jpg

IMG_3223zenns.jpg  IMG_3209ssekis.jpg   IMG_3277mitis.jpg

IMG_3250inoris.jpg IMG_3203 senmens.jpg

                                           

                                         

 

 

  

  ー空と祈り展―     

     銀座鳩居堂画廊4階 銀座4丁目交差点すぐ 19日まで

CIMG1118 s.jpg

CIMG1102s.jpg

IMG_3096annets.jpg

                                     オペラ歌手のアンネット・ストゥールナールさんと          

       

 下記アドレスで、動画を観ることが出来ます。

      http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=1071

                 

CIMG1116s.jpg CIMG1106 s.jpgIMG_3169s.jpg IMG_3146s.jpg          

 

  CIMG0422zyakuseis.jpg

        

         

                CIMG1104s.jpg

       

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ