【まどか・ゆめ いっぱい】

| | コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9729yoseggs.jpg

演奏会のあった午後に、「仙台ワークキャンパス」の玄関廊下をお借りして、「夢」の大字を書きました。職員の方が用意してくださった30m巻のロール紙で、職員と利用者に手伝ってもらいながら、3×10mの紙を作りました。「こんな大きな紙に、何のために字を書くのですか?」と言っていた職員の方も、いざ、揮毫が始まると、熱心に協力してくれました。

たかが書道、されど書道。特に非日常的な大字を書く行為は、チャレンジであり、瞬時のときめきであり、不思議な快感を味わうことが出来るのです。記録され出来上がったものが、ともすれば「書」と捉えられがちですが、どちらかといえば、書く一瞬間の方が、むしろ「書」の醍醐味と言って良いでしょう。震災で不自由な生活を余儀なくされている皆さんに、ひと時の開放感を味わってもらえればという思いから、「心のケア・大字揮毫」を行っています。

「まどか荒浜」での大字は「夢」。これは、利用者のリクエストによるものです。「まどか便り」にもあるように、「再生の夢の萌芽」を望む、切実な声だったに違いありません。  

DSC_1047yosegggs.jpg 

「大きな夢」の周りの寄せ書きは、利用者達のものすごい迫力で忽ちうめ尽くされました。

                       ☆

IMG_9717mimiggs.jpg

IMG_9733 yogs.jpgIMG_9735yoses.jpgIMG_9732yos.jpg IMG_9731 yos.jpg IMG_9730yos.jpgIMG_9739yoses.jpg   IMG_9726yos.jpgIMG_9734yos.jpg

IMG_9723kurumags.jpg IMG_9727yoses.jpg IMG_9718 yos.jpg  IMG_9720 yosegs.jpg

                       ☆                                        

 IMG_9716bs.jpg

みんなで書き上げた大字書をご覧になった施設長さんが、「来春完成するまどか荒浜の建物の天上に貼ることにします。」と、話していました。

職員の方の、「募金も有難いのですが、ここにいる作業者達にとっては、多くの方たちの訪問が一番有難いし、うれしいのです。忘れないで、又来てください。」という言葉が心に残りました。

 

   

   

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【まどか・ゆめ いっぱい】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/325

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ