2012年1月アーカイブ

2001年1月26日午後7時15分、人命救助で新大久保駅で尊い命を落とされたカメラマン関根史郎氏と韓国人留学生李秀賢氏の追悼式が、2012年1月26日夕方6時過ぎ、ラッシュでごった返す新大久保駅階段下で行われた。お二人の勇敢な行いを末永く讃えて顕彰プレート前に、関係者による顕花が行われた。関西から地球人代表の上田誉志美先生が上京されたので、友人と一緒に駆けつけ、ご冥福を祈りつつ写真を撮らせていただいた。

IMG_0608a1s.jpg IMG_0611a2s.jpg

IMG_0614 a3s.jpg

 

いつも込み合う新大久保駅に掲げられているプレートをご覧になった方も多いことでしょう。つぎのような顕彰文でした。

 

カメラマンの関根史郎氏、韓国人留学生の李 秀賢氏は、2001年1月26日午後7時15分頃、新大久保駅において線路上に転落した男性を発見し、自らの実の危険を顧ず救助しようと敢然と線路に飛び降り、尊い命を落とされました。

両氏の崇高な精神と勇敢な行為を永遠にたたえ、ここに記します。

東日本旅客鉄道株式会社

 

 

1月10日、仙台の「まどか荒浜」を訪問し、書初めをしてきました。まどかには昨年10月に初めて行き「大字揮毫」を一緒にやりました。そのことをよく覚えていて待っていてくれたのか、歓声と大きな拍手で迎えてくれました。同行のSさんは「何か恥ずかしいわ...」と照れることしきり。

madoka2.jpg

早速、大きな水書き紙に「飛龍」を揮毫し新年の挨拶変わりにしました。次に、グループに分かれ、日頃の思いを書き出しながらの筆慣らし。カラフルな水書き紙は忽ち、文字や絵でいっぱいになりました。

midoris.jpg mizu4.jpg mizu5.jpgmizu3.jpg                      mado2.jpg            

そのあと、手本を見ながら半紙に書初めをしました。初めて書初めをする人もいて、集中して筆を動かしていました。今度はもっと大きな紙に書かせてやりたいと思いました。                                        

      

                                                                                                  

madokasyugos.jpg

  終わりに、書初めを持ってみんなで記念撮影です。「はつゆめ」「まどか」「福幸」「復興」「新年」「春」「希望」「春風」「すいせん」「元気」「日の出」の他に「まゆ人形」を書いた絵や「災」の字もあり、被災地の人達の抱えている心の奥底を突きつけられた思いでした。                                        mayu2.jpg

        

SH360217hanas.jpgSH360217hanas.jpgSH360217hanas.jpg

      

    SH360215 rairyuus.jpg

                    壬辰 新春試筆  「雷龍」

IMG_2672mimigs.jpg IMG_2667mimiggs.jpg

新年おめでとうございます。

元旦から3日まで、【寿ぎの正月展】に出品・参加していました。会場である目黒雅叙園の新年は、元旦から3日までふんだんに催しが組まれ、お正月気分が満ち溢れていました。2日は「着物のファッションショー」もあってか和服姿のお客さんが多く見られました。そんな雰囲気の中で、「新春を寿ぐ大字揮毫」のデモンストレーションを行いました。先ずは、今年の干支の「龍」をカラフルに書いたり、たて1m横10mの水書き用紙を、和服姿の男性5人に持ち上げてもらいながら、今年の抱負を書きました。

Machikado419s.jpg

                       飯嶋さん撮影 http://p.tl/YHIw

IMG_2703.mimidaizigs.jpg

 今回は水書き用紙を使ったので、 会場を汚す心配もなく思いっきり書くことが出来ました。

 

  開始間際になっても約束していた撮影係の姿が見えず困っていた時に、タイミングよく駆けつけてくれたカメラマンの小野寿子さんにお願いすることが出来ました。

 

 


2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ