【化粧品 】

| | コメント(0) | トラックバック(0)

           Cimg0902s.jpg

 4月にハーモニカのグループと太極拳の仲間が一緒になり、名取・本塩釜・七里ガ浜等の仮設住宅4~5箇所を訪ねる予定を進めています。仙台の中村さんを窓口にお願いし、県議の安部孝さんのご協力をいただきながらの訪問です。その中村さんから、先日25日に東京からいらした方の様子が伝えられましたので、紹介します。

「 25日(日)は毎月行っている震災対応のロゴセラピーの会合に、私の大学時代の同級生を東京から呼び、参加してもらいました。彼女は化粧品の販社を経営しており、東京からは震災地を現在どのように見ているのか等を話してもらいました。
 2時間余り経ち、終わりかけの頃に彼女が紙袋から、ペンダント(この中に香りの液体を入れ活力を)付きネックレス10個ほど、バラエティの髪飾り20個ほど取り出し、こうした物を仮設住宅の女性に差し上げたいとの提案をしたところ、自身被災者だったメンバーの女性の目の色が変わり、「震災後初めて、自分が女性として自覚できました」と感想をもらしました。もう一人の女性メンバーは、友達が石巻の仮設にいるので、早速持って行き、他の住人の状況も確認してきますとのことでした。
東京から来た友人にしてみれば、女性はいつもきれいになろうとしており、それが元気の源になっているとのことでしたが、この場面の女性達の反応を見れば、私もその言葉に成る程とうなずけました。
音楽と被災地、書道と被災地、太極拳と被災地、化粧品と被災地、私としても東京からの知恵をもっと引き出し、これらを統合し、継続してゆくなかで、ご一緒に支援をさせてゆければと考えております。 中村完治」

震災後1年が過ぎ、被災地の人達の生活や考え方が少しずつ変化してきている今、現状に合った支援のあり方を考えるきっかけにしたいと思いました。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【化粧品 】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/348

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ