【前に進もう七ヶ浜・七ヶ浜仮設住宅】

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月13日、9時13分松島海岸駅発、9時40分下馬駅着、タクシーに分乗し、「七ヶ浜第一スポーツ広場仮設住宅集会所(157世帯、498名)」に向かう。集会場には編み物をして待つ3人だけ。平日の午前中で、若い人達は仕事、子ども達は学校に行き仮設住宅は人気なく静まり返っている。                       

 IMG_4202 amimonoga.jpgIMG_4219susumous.jpg  

IMG_4204nakamuras.jpgIMG_4205 nakanos.jpg

そこで、ハーモニカグループが音楽隊になり仮設住宅を廻り、洗濯物をほしている人や通りがかりの人に声をかけて歩いた。

IMG_4217kasetugs.jpg

IMG_4212wakamebs.jpgIMG_4207negis.jpg   IMG_4213 wakamets.jpgIMG_4210aikos.jpg IMG_4211wakames.jpg                         

  真夏のような日差しが降り注ぎ、洗濯物と並んでわかめやふのりを干してある。同行の笠原さんは合う人毎に「集会所に来てね」と声かけ,ながら、今 必要な品などさりげなく聞いていた。

                      ☆

定を少し遅れてハーモニカの演奏が始まる。指揮者の諸星保夫先生が、「斉太郎節」の掛け声が分からないので、地元の方に教えてほしい。」と呼びかけると、御歳99歳の伊丹四郎さんが名乗りをあげ、掛け声のみならず、踊りまで紹介してくれ、集会場は大いに盛り上がった。 

                IMG_4301hamonikags.jpg

                                諸星保夫先生

DSC_0196itamigs.jpg

              99歳の伊丹四郎さん     

       DSC_0192amimonos.jpg

             手拍子をとりながら「斉太郎節」を唄う

       盛り上がったところで、気功・太極拳で体をほぐした。

               みんな気持よさそーーー

       DSC_0212taitis.jpg 

       DSC_0221 taichis.jpg                  

 DSC_0232taichis.jpgDSC_0231tatokos.jpg

               太極扇の演技は立木陽子先生   

 

DSC_0237ocyas.jpg                             DSC_0235mimis.jpg

懇談会では、「1人暮らしなので、震災当日、隣の家の人車に乗せてもらい危うく助かったんだあ。28歳から女手で1人で働きずくめできたけど、せっかく助かった命なので100歳まで生きよっと思ってるんだ。」と言って、甘い菓子は控えていた隣の席の人。その人と小学校時から一緒だったという人も、「若いときからずーっと一緒懸命に働いてきたのに、全財産流されたー。」と。この3人組が、最初から編み物をして待っていてくれた方達で、「編み物をしていると時がたつのも忘れ、夜遅くまでやっていんのよ。」と語っていた。                               

IMG_4235kodomogs.jpg IMG_4278babys.jpg DSC_0255syugos.jpg   

                 七ヶ浜第一スポーツ広場仮設住宅集会所 2012/04/13

いつの間にか、若いおかあさんと赤ちゃんが参加してくれたことで和やかな雰囲気が生まれた。 みなさん 有難う!!午前11時45分に終了、用意してきたおにぎりを集会所で食べ、次の「七ヶ浜七中学第二グランド仮設住宅集会所((106世帯、297名)」)」に徒歩で向かう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【前に進もう七ヶ浜・七ヶ浜仮設住宅】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/357

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ