2012年8月アーカイブ

IMG_6433s.jpg

 

 奇岩怪鋒の連なる山並みを旋回しながら渡り鳥が天空に消えいった

                                                                              2012/08/25                              

                                IMG_6397toriggs.jpg

 

日本・中国・台湾・韓国・ヴェトナム5カ国の作家による書画展が、桂林市美術館で行われた。漓江下りの魅力に惹かれ出品参加した。

IMG_5834bizyutukanns.jpg  IMG_5841 21seikis.jpg

       桂林市美術館          21世紀書画作家国際交流展

IMG_5910msakus.sjpg.jpg IMG_5876tenzis.jpg

                               作品展示会場

 

開会式での大字揮毫は、中国人の好む「龍」を書く。

                          IMG_6062 kigos.jpg                                                                   

  書き印「道」を指でかき、印の代わりにする

        IMG_6086 mimikigos.jpg

              3曲屏風に即興の詩「漓江を望む」を揮毫

IMG_6121mimigs.jpg  

           参加したグループで記念撮影   2012・08.24

IMG_5791kaizyos.jpg

日中友好正常化40周年記念事業【 日中友好書画展】特別展「于右任書展」が、8月17日ー8月20日に日中友好会館美術館で行われた。18日は、于右任傳 『金銭糞土の如し』 の著者・西出義心氏の1時間半にわたる記講演会「于右任ー人と書」に大勢の人が詰めかけ、熱心に聴き入った。

講演は、内憂外患の時代背景に始まり、憂国の士として生きた経歴、さらに、于右任の生涯貫き通した思想、そして自然観より学びかつ鍛錬した書との関わりやあり方など、丁寧な話しぶりであった。講演後、著書『金銭糞土の如し』のサイン会も行われた。于右任の書をまじかにするのは3度目であったが、「書が自然の姿そのものであり、自然の姿こそが至善至妙の美である。自然の美しさと熟練こそが書の要諦である。」という、于右任の教えと標準草書の妙味を噛みしめるながら観賞した。

  IMG_5736nnisides.jpg

        講演する西出義心氏  18/08/2012

                                     IMG_5742sainkais.jpg

                        『金銭糞土の如し』のサイン会

  IMG_5783fus.jpg IMG_5774hukus.jpg

    「風雨一杯酒 江山萬里心」

IMG_5750ug s.jpg  IMG_5744gs.jpg  

        「礪園」 86歳の書              義心氏 と関係者

IMG_4800ss.jpg

【寺家回廊・2012】 は、

10月3日ー10月8日 寺家周辺の会場にて行われます。

ただ今、 "寺家回廊事務局"が準備をすすめています。

濱崎は、寺家の「白心庵の離れ」を借りて、

「展示・ワークショップ」を予定しています。


 

 

【寄せ書き】

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「まちの工房 まどか」での【寄せ書き】で心に残ったことは、清水君のことです。綺麗好きで汚れることは得意じゃなかった清水君が、体中を墨だらっけにして熱心に寄せ書きに取り組みました。先生方が一番驚いていましたが、清水君は前向きで、「顔と腕にも書く?」と聞くと頷くので、濱崎がボデイペイントをしました。背中の「清水」のサインも堂々としてよく似合っています。

 IMG_5681simizus.jpg DSC_0059gs.jpg IMG_5694simizug.jpg

                                                     2012/06/31

 

                        ☆          

          「まどか」のみんなが書いてくれた寄書きです。

DSC_0102madoka2gs.jpg DSC_0101madokags.jpg

   相原君得意の「繭」の絵         販売商品の「福だるま」 

DSC_0110basuggs.jpg

               柳沼大輔君が得意とするバスの絵

DSC_0111 yataiggs,jpg.jpg   DSC_0104gs.jpg DSC_0103daisukiggs.jpg

  「ゆうすけくん 大好き いつも私はうれしい」と、 ラブラブのメッセージもありました。すごいでしょ、「まどか」のみんなのパワーは!!

 

                             IMG_5653 mimiodorigss.jpg   

 まどかを訪問するのは3度目。書道のことを覚えていてくれるのが嬉しい。新庄祭りの衣装と新庄囃子に合わせて登場し、得意の踊りもサービスする。丁度、ロンドンオリンピックが始まり、金メダルの朗報も聞こえてきたので、「祭」の文字を揮毫する。

IMG_5660mimigs.jpg  IMG_5659 mimigs.jpg             

      DSC_0037mimis.jpg

祭囃子に乗り、景気よく書く姿に圧倒されたのか、皆自分なりに祭りのイメージを膨らませ、次々と寄せ書きが始まる。

DSC_0082gggs.jpg

ロンドンオリンピック 金メダル ヒローオリンピック キン肉マンなどなど、紙面狭しと埋め尽くされていく

IMG_5697yosegs.jpg

    なでしこジャパン オリンピック 仙台の七夕飾りなどがみえる

      DSC_0109tenzinsamaggs.jpg

 昔、お父さんと一緒に松島の天神祭りで太鼓を叩いたと説明してくれた

IMG_5702mimis.jpg DSC_0049s.jpgIMG_5696yosegs.jpg DSC_0053gs.jpg DSC_0073ggs.jpg DSC_0072yoseggs.jpg

DSC_0085 ggs.jpg

 
 

忽ち、大字「祭」の周囲は、夏祭りの想いとロンドンオリンピックムードに包まれ、「祭」を盛り立ててくれた。「再生まどか」の行く先に、幸あれ!!

「一般企業を目指します。」と書いた山上達也君、早く仕事先が見つかるといいね。

 

DSC_0001minnas.jpg

DSC_0002pianos.jpg  DSC_0010tunodas.jpg

津波で作業所を流された「まどか荒浜」が、2012年6月25日に間借りしていた仙台ワークキャンパスから、新しく出来た「まちの工房 まどか」として復興しました。7 月31日に「まちの工房 まどか」を訪問し、「ピアノとヴァイオリンの 演奏と書のコラボレーション」を行い、作業所のみんなと一緒に新生「まちの工房 まどか」の開所を祝いました。

  はじめに、ピアノ:斉藤葉子・大浪真知子、ヴァイオリン:角田育代によるコンサート。生演奏に大喜びのみんなは、美しい音色に聞きほれていました。実は、使用したピアノは、遠く四国の方から震災後送られたもので、今回の演奏会のために調律し、見事復活することが出来ました。

音楽の後は、「書をかいて」楽しみました。今回は、出来上がった書の紹介だけにし、乞う!次回更新を。

DSC_0078zentaigggs.jpg  

 

久々の更新となります。またみてくださいね!!

 

 

 


2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ