【3月3日お雛様】

| | コメント(0) | トラックバック(0)
ベトナムんから帰国後、ぼやぼやしてる間に2月が終わり3月3日のお雛祭りになっていました。雛祭りにかならず食べていた「くじら餅」と「栗むし羊羹」が故郷の幼なじみからが届き、はっと気がついたという訳で...。出来立てのほやほやで、柔らかく賞味時期抜群!!お仏壇に供え、感謝しながらいただきま〜す。

   PA0_0331.JPG
   IMG_6437.JPG
   IMG_6438 のコピー.jpg


「くじら餅」は江戸時代から新庄・最上地方にひな祭りのごちそうとして各家庭で作られてきました。もち米とうるち米を粉にしたものに砂糖を加えて蒸し上げると言った素朴な餅菓子です。味付けに醤油・味噌・くるみやごま・小豆などの彩りを添え、各家庭の味を出し母から子へ、子から孫へと伝えられて来ました。しかし、今ではお菓子屋さんで作ったものを買って食べるようになってしまいました。
「くじら餅」の由来はいろいろありますが、久しく持ちの良い食べ物ということで「久持良餅」であるとか、形がくじら肉に似ているから「鯨餅」であると言われていますが、その真相は明らかではありません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【3月3日お雛様】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/526

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ