【ベトナム・ラオス 少数民族を訪ねて】 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
2月初旬から18日間、ベトナム・ラオスの旅をした。
▼ハノイ到着後、先ずは「民族学博物館」で、ベトナム国内の54の少数民族の暮らし・風俗・祭礼などの展示を見る。
IMG_4145  のコピー 2.jpg

IMG_4220 のコピー.jpg  IMG_4161 のコピー.jpg
IMG_4155 のコピー.jpg  IMG_4140 のコピー.jpg      IMG_4198 のコピー.jpg  IMG_4339 のコピー.jpg
野外では、水上劇や伝統芸能のカー・チューの実演、出店が多く子供達が遊んでいた。
IMG_4354  のコピー 2.jpg  IMG_4250  のコピー 2.jpg
                           水上劇                                   カー・チュー
IMG_4305 のコピー.jpg
野外にあった「ジャライ族」の御霊屋 周囲に立つ人型が素朴かつ赤裸々で微笑ましい

▼ハノイから専用車にてニンビン省の省都・ニンビンまで120キロ。途中ヴァンフック村(ハノイから南西10キロ・シルクの織物の町)とタムコックに立ち寄る。タムコックは、石灰岩の奇岩渓谷の景勝地「陸のハロン湾」とよばれているが、生憎の雨で台無し。タムコックとは、ベトナム語で「3つの洞窟」。
ここで、ベトナムハッとを買う。よく似合うと煽てられ長旅のお供となる。
                                                  IMG_4001 のコピー.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【ベトナム・ラオス 少数民族を訪ねて】 

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/529

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ