【大内宿】

| | コメント(0) | トラックバック(0)
IMG_7012 のコピー.jpg
        神社のある山から見る大内宿の茅葺き屋根の町並み  2014/10/05
          
               ☆

大内宿は、会津若松城下と日光を結ぶ会津西街道は下野街道と呼ばれる街道の宿場町であった。江戸時代に入り街道が整備されると会津西街道は、会津藩、新発田藩、村上藩、米沢藩などの参勤交代に使用され、廻米道として重用しされた。また、大内宿は回りが高い山々に囲まれている為独立した宿場町として発展し、旅籠や問屋などが設けられにぎわいを見せた。
明治維新後は大内宿も衰退し主要交通機関から外れたことで衰退したが、その事が、大内宿の町並みが残される要因となり、昭和に入っても旧街道の両側には茅葺き屋根の建物が軒を連ねていた。
昭和56年に宿場町として妻籠宿・奈良井宿・に次いで、全国3番目の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。さらに、大内宿を含む石畳や様々な遺構がみられ国指定史跡に指定されている。

IMG_6973 のコピー.jpg IMG_6991 のコピー.jpg IMG_7001 のコピー.jpg IMG_6988 のコピー.jpg IMG_6981 のコピー.jpg IMG_6974 のコピー.jpg  IMG_6980  のコピー 2.jpg IMG_7043 のコピー.jpg
町並みを散策していると昔懐かしい郷土玩具や郷土料理などが郷愁をそそる。柿渋を掛けた手提げが欲しくなっちゃった〜。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【大内宿】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/667

コメントする


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ