【いのち】

| | コメント(0) | トラックバック(0)
inotig のコピー.jpg


『 生命 ( いのち ) は 』        作:吉野 弘


  生命 ( いのち )は
  自分自身だけでは完結できないように
  つくられているらしい 
  花も
  めしべとおしべが揃っているだけでは
  不充分で 虫や風が訪れて
  めしべとおしべを仲立ちする

  生命 ( いのち )は
  その中に欠如を抱き
  それを他者から満たしてもらうのだ

  世界は多分 他者の総和
  しかし 互いに
  欠如を満たすなどとは
  知りもせず 知らされもせず
  ばらまかれている者同士
  無関心でいられる間柄
  ときにうとましく思うことさえも許されている間柄
  そのように 世界がゆるやかに構成されているのはなぜ?

  花が咲いている
  すぐ近くまで
  虻 ( あぶ ) の姿をした他者が
  光をまとって飛んできている
   私も あるとき
  誰かのための虻 ( あぶ ) だったろう
  あなたも あるとき
  私のための風だったかもしれない

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【いのち】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.michinokai.com/mt4/mt-tb.cgi/1167

コメントする


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ